新型GR86とBRZをロードスターオーナー目線で見てみた

試乗

2021年4月5日。トヨタとスバルの共同開発車輌、GR86とBRZが発表されました。両車についてロードスターオーナー目線で思ったことを書いてみます。良ければお付き合いください。

1:かっこよすぎる

第一印象はカッコいいの一言。スバルBRZは少し前に北米verが公開されていたため日本もきっと同じだろうと思っていました。トヨタのGR86は全くの初見です。

赤いボディーに黒いホイールとサイドミラー。フロントバンパーの造形などどれもがスポーツカーらしくまとまっています。基本的な骨格は先代と共通のようですがそれでも見た目や動きには相当のテコ入れをしたと思います。

バンパーは先代同様に86とBRZで造形が異なり、86は「下に向かって広がる」BRZは「上に向かって広がる」デザインです。私はGR86の方が好みですが、それぞれ日本車離れしたかっこよさですので人気が出そうな予感です。

2:エンジンは2.4リッター

GR86とBRZに搭載されるエンジンは2.4リッターの水平対向エンジン。ターボではなく自然吸気ですが、これはロードスターオーナーにとっては羨ましい限り。高速領域での巡行がとても楽になりそうです。GTカー的な要素が期待できます。

3:ポイントは低重心

86とBRZの強みは低重心です。水平対向エンジンは驚くほど低い位置にマウントされており、車の回転性につながります。実際にSUPER GTで走るBRZ GT300の車輌はカーブで競合車輌を追い詰めています。

今回さらにルーフにアルミパネルを採用し、フェンダーにもアルミを使用しています。他にもシートやマフラーについても軽量化を実施しており、より低重心化になっています。

峠やサーキットなどでその軽量化と低重心化は分かると思います。嫌なロールが少ないということはそれだけ回転性が良くなりますので気持ちよく曲がってくれると思います。

結論:乗ってみたい

早く運転してみたいです。峠や高速でどんな動きをするか楽しみ。今どきはレンタカーや個人間のカーシェアで気軽に様々な車を借りられますのでいい時代ですね。

発売は2021年夏から秋頃ですので、今年は楽しい一年になりそうです。

試乗
フォローいただくとジャンプして喜びます!
BMWのM2が我が家にやってきた
Subscribe
Notify of
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
0
この記事にコメントを書く(お気軽にどうぞ♪)x
タイトルとURLをコピーしました