車高調の点検へ|←オーバーホールが必要か確認

メンテナンス/DIY

中古で購入した我がM2にはKWのVer3という高価な車高調が装着されています。購入時車体の走行距離は約6万キロ、しかし車高調がいつ装着されたかは不明であり、BMW専門店のStudieへ点検してもらうことになりました。

何事も早めに…

僕が読んでいるブログにWish a Wonderful LifeというM4乗りの方によるカーライフ記事があります。

車高調をオーバーホールされた記事がありました。結果、1個はオーバーホールできず新品に交換したという内容が書かれていました。

この記事を読んでから僕のM2に装着されてる車高調も早めに診てもらおうと思い、急遽Studieへ連絡し8月頭に点検してもらうことに(毎度思うが、Studie東京フロントのIさんは仕事が早くて信頼できる)。

信頼しているStudieさん



現時点で異音などの不具合は見受けられないですが、僕が鈍感選手権日本代表になりそうなくらい疎いので専門家に確認してもらった方が良いと判断しました。

何事も行動は早めの方が良いと常日頃思っています。



オーバーホールの目安とは?

Studie曰く、並行輸入品や製造から10年越えの製品はオーバーホール不可とのこと。おそらくどちらも問題ないかと思いますが、中古で購入しているので詳細は分かりません。

色々調べるとオーバーホールは5万キロくらいが目安らしい。僕のM2は走行距離が7万キロであるため、もし新車時(又は新車納車後すぐ)から車高調を装着していれば、そろそろオーバーホールの時期かと思います。

いずれにせよ、8月頭のStudieさんでの点検次第となりますね。




ブログ紹介

最後に、冒頭でもご紹介したブログについてリンクを改めて記載します。写真が美しく見入ってしまいます。記事量も豊富であり、見ごたえ抜群です。ぜひご覧ください。

ブログリンク:Wish a Wonderful Life

Subscribe
Notify of
2 Comments
古い順
新しい順 評価順
Inline Feedbacks
View all comments
u_papa
10 months ago

こんにちは。
早速チェックですね。

恐らく車を持ち上げてフリーになった状態でタイヤを両脇で抑えて内外にグラグラ揺らして、揺れるか確認して状態チェックになるかと思います。

通常は内側や外側にグラグラすることは無いのですが、ヘタってくるとシリンダーのシールなどが劣化しだした関係からか、多少動くようになってくるようでその辺りを見てくれるようです。

ちなみに購入時からKWだったようですが、純正サスも残してくれていたのでしょうか?

追伸
再度、弊Blog取り上げて頂きありがとうございますm(__)m

2
0
この記事にコメントを書く(お気軽にどうぞ♪)x
タイトルとURLをコピーしました